北イタリアから
by mifita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ★e-mail



イタリアワインや食材が
豊富です!
porcovinoさんのサイト
コチラ →






カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。Copyright © 2013 mifita All Rights Reserved.
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012年 12月 16日
緑のニョッキ☆

b0273558_6392763.jpg



茹でたジャガイモとホウレン草を練りこんだ生地の中に、リコッタチーズを包んだ濃厚なニョッキ。
ちょっと手間はかかるけど、クリスマスやパーティ向きな一品です。

ソースはゴルゴンゾーラチーズをベースにダブルチーズ♡
普段ブルーチーズ駄目な人もソースにすると臭みがなくこれなら食べれる人多いです。

ニョッキで知られたレストランがあって、そこに行く機会があるとこのタイプをつい頼んでしまうのですが
どうしても自分で作りたいと思って何度も何度も試してやっと理想通りできました。
長い道のりだったぁ。


b0273558_6403218.jpg


             注:ヨモギ餅ではありません ^^















秘密にしたい位なのですが(笑)

○● 約4人分 ○●

ジャガイモ(男爵タイプ) 大きめ1つ
ホウレン草 1束程度
卵 1つ
ナツメグ
塩 
小麦粉 適宜

リコッタチーズ 200g

ゴルゴンゾーラチーズ 100g
生クリーム 100~150cc

胡桃
パルミジャーノ


・前日夜からリコッタチーズを水切りしておく。
・ジャガイモは茹でてつぶしてマッシュ状に。
・ホウレン草も軽く茹でて絞り、細かく刻む
(フープロを使う場合、水分が必要なら材料の卵を一緒に入れる)
・胡桃はトーストする。

●つぶしたジャガイモ、ホウレン草、卵、塩、ナツメグ少々を小麦粉と手で合わす。
 ジャガイモ、ホウレン草のタイプによって水分量が毎度かなり違うので小麦粉は最初少なめ
 後で足していくようにすると良いです。全体がまとまったら一度試しに茹でて食感を確かめると確実。
●その生地でリコッタチーズを包む
●ニョッキを茹でる為のお湯が沸いたらパスタを茹でる時位の塩を入れる。
●別のフライパンに生クリーム、ゴルゴンゾーラチーズを入れて溶かす。
●ニョッキを茹で、茹で上がったらソースと合わす。
●お皿に盛ったら胡桃を砕いたもの、パルミジャーノを削る。

*生地でリコッタを包んだらオーブンシートに置くと、少々べたついても
そのまま茹でるお湯の中に紙ごと入れるとすぐニョッキだけがお湯に落ちていくので楽。
*湯で時間は2,3分なのでソースを先に用意する。
 ニョッキがお湯に浮かんできたら湯で上がったしるしです。
*ホウレン草の茹で汁をある程度絞らないと固いニョッキになってしまいがち。
  ジャガイモのタイプでも変わりやすいので注意。

お試しあれ~



b0273558_641567.jpg

[PR]
by mifita | 2012-12-16 06:43 | ごはん:イタリアン

<< 紫のニンジン アイシングクッキー >>