北イタリアから
by mifita
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 ★e-mail



イタリアワインや食材が
豊富です!
porcovinoさんのサイト
コチラ →






カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。Copyright © 2013 mifita All Rights Reserved.
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 24日
wチョコレートクリスマスタルト
b0273558_2228100.jpg


そして2発目ドルチェです。

イタリアのタルト、クロスタータの生地にガナッシュを流して
その上にホワイトチョコ入りのマスカルポーネのクリームでデコレーションしました。
あ、洋ナシのコンポートもデコレーションしています。


飾りのクマちゃんと☆は前回のアイシングクッキーです。
余ったアイシングでツリーを作っておいたので、それを追加しました。

粉糖で雪降らせたまでは良かったのにカカオで周りにアクセント・・・と思って散らしたのが失敗だったかも。反省


それではみなさん BUON NATALE

b0273558_38215.jpg





簡単に作り方
[PR]
by mifita | 2012-12-24 02:07 | ドルチェ:チョコレート

2012年 12月 24日
ローストビーフ

b0273558_2433535.jpg


クリスマス直前なんで一気に2つアップします。

1発目 ローストビーフです。
夫が作りたがって最近2度目のローストビーフ。
お肉はスーパーとかではなく直売しているお店に行って買いました。
ローストビーフ用って言うとお勧めお肉を紐でしばって売ってくれます。

今回はお勧めが1,3kgもあって躊躇したけどせっかくだから買っちゃいました。。
2,3日分あります^^;

素材その物の味を味わう事が好きなので美味しい塩、オリーブオイルのみで食べています。
もちろんグレービー作ってもいいですよねぇ
ちなみに付け合せは芽キャベツを栗と炒めたものです。


では作り方

牛塊 1kg
カラシ
小麦粉 大匙4



・オーブン余熱(200℃)
・フライパンでブラウンルーを作っておく(茶色くなるまで小麦粉を炒るだけ)
・お肉に粉カラシ(今回手に入らなかったので練りカラシ使用)をすりこむ。
・その上にブラウンルーをまんべんなく着ける
・フライパンにオイルをしいて温め、肉表面全体に焼き色をつける
・焼き目がついたらオーブン200℃で15分
・15分経ったらオーブンからお肉を取り出してアルミホイルで包んで最低30分放置

㊟お肉の大きさでオーブンの焼き時間が全然変わってくるので調節してください。
㊟オーブンの無い方は深めのお鍋でお肉に焼き色をつけたらそのまま蓋して蒸し焼きでもできます。
  その場合はたまにお肉の面を変えるよう回してください。




[PR]
by mifita | 2012-12-24 01:25 | ごはん:和洋その他

2012年 12月 21日
うちのカルボナーラ
b0273558_0321073.jpg


最近オーストラリアのラジオDJが英国にいたずら電話したって事で大騒ぎになってましたが。
あれ、ずーーーーーっとおかしいと思ってるんです。

イタリアでもラジオ番組で毎日のように一般家庭やら普通の企業に
人をおちょくるだけが目的のアホ丸出しで迷惑な電話をかけてラジオに流して笑ってるんです。

電話を受け取った人はラジオだって知らないのでイライラさせられて嫌な気持ちになる
お年よりは丁寧になんとか断ろうと頑張って困ってる・・・
何がおもしろいの?あんた達以外に誰が楽しいの?
やるなら政治家や有名人にやれ・・・

毎度そんなのがラジオで流れるたびに局を変えてましたが
今回のオーストラリアの一件で自粛して欲しい そんなわけないだろーねー



さて、本題。

焼きそばの"俺の塩"みたいになってますが”うちのカルボナーラ”です。

こればっかりは自信のある一品。

カルボナーラはあまりレストランでは見かける事が少なく
(観光客向けレストランや地元ローマ辺りではあるのかもしれませんが)
各家庭、作る人によってレシピが微妙に変わりがちな一品でもあるんではないかと思います。

それでは以下”うちのカルボナーラ”






レシピ
[PR]
by mifita | 2012-12-21 00:37 | ごはん:イタリアン

2012年 12月 19日
肉まん

b0273558_137117.jpg


最近続けて週末雪が降ってる北イタリア、
うちの猫も風邪をひいたのかくしゃみをしています。 それもかわいぃ♡ ←親ばか


冬になるとやっぱり食べたくなる物の1つ。
コンビニはもちろん、出来合いも売ってないので作りました。

フカフカで蒸したての湯気が冬っぽい。
中を割ると肉汁じゅわ~、椎茸の戻し汁も具に入れてこねてるからか?
手が汚れるほどでした。


お醤油とカラシつけて食べましたよ。



b0273558_1362071.jpg







レシピ
[PR]
by mifita | 2012-12-19 01:44 | パン

2012年 12月 18日
紫のニンジン oishii
b0273558_131225.jpg



紫のニンジン

買ってみたものの、あんまりニンジン好きな方ではありません^^;
なのでスパイシーなキャロットケーキを作りました。



b0273558_13417.jpg

生地に摩り下ろしたニンジン入れたら綺麗な紫に、
焼くとちょっとわかりづらくなってしまいましたが、
中には紫の粒々が見えます。

胡桃とシナモン、ナツメグも入れて香りも食感も良いです。
クリスマス用にジンジャーパウダー入れてもいいかも。

夜焼いて、翌日クリームチーズのフロスティングかけて
出来上がり。
味がまとまってしっとりおいしかったです♪






残念ながらこんなアメリカンなケーキは夫にはいまいちウケず・・・
紅茶入れたりするケーキやクッキーもウケ悪いんですよねぇ。
ワンホール一人で消費?!の危機です。。。 大丈夫そうでこれまた怖い・・・



★紫のジャガイモも見つけました。
  良かったらこちらへどうぞ ポチッ



                        
                      もし良かったらぽちっとお願いします

[PR]
by mifita | 2012-12-18 01:11 | ドルチェ

2012年 12月 16日
緑のニョッキ☆

b0273558_6392763.jpg



茹でたジャガイモとホウレン草を練りこんだ生地の中に、リコッタチーズを包んだ濃厚なニョッキ。
ちょっと手間はかかるけど、クリスマスやパーティ向きな一品です。

ソースはゴルゴンゾーラチーズをベースにダブルチーズ♡
普段ブルーチーズ駄目な人もソースにすると臭みがなくこれなら食べれる人多いです。

ニョッキで知られたレストランがあって、そこに行く機会があるとこのタイプをつい頼んでしまうのですが
どうしても自分で作りたいと思って何度も何度も試してやっと理想通りできました。
長い道のりだったぁ。


b0273558_6403218.jpg


             注:ヨモギ餅ではありません ^^








それでは、レシピ
[PR]
by mifita | 2012-12-16 06:43 | ごはん:イタリアン

2012年 12月 14日
アイシングクッキー


b0273558_250756.jpg


ずっとやってみたいなぁと思っていたアイシングにトライしました。

午前中クッキーを焼いてる間に
youtubeとかでいろんな人がアイシングしてるとこ見てイメトレ
・・・したのにアイシングを入れるコルネの作り方に苦戦。。。
出来てみると超簡単でした。なんだったんだ。。

とにかく、今回一番の反省点はアイシングが硬すぎた^^;




せっかくクリスマスなので小さなツリーも。
去年は地味で不評だったクッキーのツリーも、
今年はアイシングのお陰でちょこっと豪華かになりました。

b0273558_251332.jpg




12月の初めから言い続けたクリスマスツリー、やっと出しました。
シックにしたかったのでパープルと白っぽい感じで。


b0273558_2422082.jpg





b0273558_2412434.jpg
ツリーのトップに良い物が無く数年がかりで探しました。
飾りも買ったり、無しでもいいかと思ったり
結局、自分でリボンで作りました。
とりあえず満足だけど
他のおうちはどうしているんだろう?







                           ぽちっとな

[PR]
by mifita | 2012-12-14 03:04 | ドルチェ

2012年 12月 08日
うちのラグー
b0273558_035628.jpg


寒い寒い寒い。。
と思って外見たら雪降ってます!


そんな時は煮込み料理、やる気がでます。



”うちのラグー”レシピ

 ○● 材料 ●○

牛・豚合挽き肉 約700g 
セロリ 1本
人参  1本
玉葱  1玉
トマト缶 1缶
ナツメグ

胡椒
ローリエ
白ワイン カップ1/2程度


セロリ、人参、玉ねぎをみじん切りしてオリーブオイルで炒める
全体に火が通ったら肉を入れ炒める
ナツメグ、塩、胡椒したら白ワインを入れて少し煮込み
ローリエとトマト缶を入れて中火から弱火でひたすら煮込む(3時間位)

*友達に聞かれたのですが、うちは赤ワインではなく白ワイン
*いつも夜作って3時間程度煮込んだ後、一晩そのまま朝まで置いています。
 そして朝また火を通してお昼頃完成。
*ポイントはただただ煮込む。強火禁止。
*ケチャップや砂糖は入れません!


昨日ベシャメルも作っておいたのでラグー半量はパスティッチョ(ラザーニャ)になります。
ちなみに後ろに写ってる黄色いパンはカボチャを潰して練りこんだパンです。
ほんのりあま~い♪




  
                            ポチっとな

[PR]
by mifita | 2012-12-08 00:42 | ごはん:イタリアン

2012年 12月 03日
コルネとバターロール
b0273558_2181231.jpg


先日クリスマスツリーを嫌がる旦那の為に、一応11月いっぱいは待って
12月に入ったら出してやろうともくろんでいると書いたのですが。

ツリーが物置の上の方にあって一人じゃ取れない・・・
寒い中がんばりたくもないので旦那に頼みました。

「もっと後でいいのに」 という旦那の肩をゆすりながら
「わかってたから11月いっぱいは待ったの」 と説得したら うなずいた  yes!


ちょっとうれしくなって ♪もーろびとーこぞりてぇ~♪ を口笛吹いて歩いていて
フト思い出しました。


♪ 主は来ませりぃ~ 主は来ませり~ 


この部分、以前 ずっと シュワッキマッセリー って言うどっかの外国語だと思ってて
どこの国なんだろうななんて思っていたのです。 バカ

それはそうと、現在約午後6時。
旦那が物置へ取りに行く気配全くありません! (ノ_-) んもぉ~




b0273558_2182866.jpg
もう、書くの忘れそうになってますが
パン、もう最後に作ったのは
いつか覚えてないくらい久々のバターロール。
人生初作ったパンもバターロールでした。




生地を多めに作ったので、型があるなと思いコルネにもしました。
中は密かにもう一度作っていたタワーロールケーキのフィリングの残り
栗のマスカルポーネチーズクリームです。

バター含有量が何%以下だとバターロールとは呼べずロールパンなる
と聞いたことがあるような?
曖昧ですいませんが、その通りバターたっぷりです。

食事の時にこういうフカフカなタイプのパンを食べないイタリアですが
たま食べると懐かしくおいしかったです。




[PR]
by mifita | 2012-12-03 02:11 | パン