北イタリアから
by mifita

 ★e-mail



イタリアワインや食材が
豊富です!
porcovinoさんのサイト
コチラ →






カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。Copyright © 2013 mifita All Rights Reserved.
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 30日
冬のスープ
b0273558_23421217.jpg


キノコたっぷりのスープです。

簡単おいしい作り置きできるという事で
冬の結婚式などのパーティに使える一品。

いろんな生キノコ、玉ねぎ、乾燥ポルチーニの戻し汁、そして自家製ブロド(牛の出汁)
よーく煮込んだら牛乳(生クリームでも)、バターを入れミキサーにかけてなめらかに。

スープの上にはラディッキオとアーモンドを軽く炒めた物を。
本当は海老やホタテがあったら良かったんだけど無いので次回ってことで。。


付け合せのパン、市販のパンです。。

角食を焼こうと思って作業は順調に進んでケースに入れて
二次発酵の間にささっと買い物行って来よう!と思って急いで外に出ました。


家の外で近所のおじさんに遭遇・・・・・・
いつもね、誰かとしゃべりたくてうろうろしてる人なんです。
私が良いカモになってしまいました。
すっごい久しぶりに会ったので逃げれず話して買い物行って帰ってきたら・・・

ケースからパン生地がフタを押し上げて隙間からだらーーーっと出ていました。
どうしたら正解かわからないけど、とりあえずもう一度空気抜いて発酵しなおしました。
結果はそこそこおいしかったですが・・残念。



                   
                          ポチっとな

[PR]
by mifita | 2012-11-30 23:45 | ごはん:イタリアン

2012年 11月 29日
寿司と鴨
b0273558_610630.jpg


レストランでメニューにあると必ずと言っていいほど頼んでしまう鴨肉。

他に目ぼしい物が無かったんで奮発して鴨胸肉買っちゃいました。

皮目に格子状に切れ目を入れて全体に焼き色付けたら
食べる頃に丁度中がピンクになるように蒸し焼き。

定番いつものオレンジソースではなく、ちょっとイタリア風にバルサミコ酢も入れてみました。
煮詰めたバルサミコにオレンジの絞り汁を入れてもうちょっと煮込んで、
フォンも入ってないのにバルサミコのお陰でコクがでました。


旦那がスイスの友達を訪れた時に
湖畔でBBQをして食べた鴨肉が忘れられないと何度も言うのです。
私は都合悪くて一緒に行けなかった、くやしぃ~

今気付いたけど・・
旦那とスイスの話になるとその鴨の話になるのでそれ以外の話聞いてないかも(笑)
いつか食べたいです。フランス語圏本場の鴨。




鴨買って調子づいて新鮮そうな鮭見て買っちゃいました。

魚屋のおじさんは「新鮮だから余ったら冷凍していいよ」って言ってくれたけど
日本人新鮮だったら生で食べたいわけです、せっかくだから寿司にしました!

献立的には寿司と鴨ってどうなわけ?  盆と正月一緒みたいな?
イタリア式にまず寿司食べてから鴨食べました。
さすがに鴨おかずに寿司は食べれないです^^

b0273558_6111454.jpg



右上に写ってる鳥、これアレッシのお醤油刺しなんです。クチバシからじょぉぉっと出てきます♪
すごく可愛いし日本人にぴったり♪と思って帰国時には何度も買っていたんですが
自分のは持っていませんでした。

そんな事全く知らなかった友人がある日プレゼントでくれたのでした!




*レシピブログの登録にお誘い頂いたので登録してみました。
 良かったらポチっとお願いします。
 まだ私もまだ良くわかってないんですけども



[PR]
by mifita | 2012-11-29 06:37 | ごはん:和洋その他

2012年 11月 27日
たこ煮込みナポリ風
b0273558_22492178.jpg


友達が(イタリア人男性)入院していた時の事を話していて

「携帯で話してたら・・・」 ってフレーズが気になって

「病院で電話使えたの?」 って聞いたら

「(話し相手が)マンマだから」 って。


この国はマンマならなんでもアリですか?(爆)



さて、
タコなんですが、大き目なイイダコです。20cmくらいかな。

旦那が料理してくれることになって
まず ナポリ風それとも北イタリア風?って聞かれたので即答でナポリ風!

オリーブとか入れてもいいんですが、今回はシンプルにトマトとちょっと唐辛子のみ。

長めに調理してるのでやわらかいです。

パンで残ったスーゴ(ソース)を付けて食べると美味~です♪
[PR]
by mifita | 2012-11-27 22:51 | ごはん:イタリアン

2012年 11月 25日
キノア(キヌア)

b0273558_162115.jpg


今日は昼間まで晴れていたのに午後から霧、一気に冬らしくなってしまいました。
っていってももう一ヶ月後はクリスマスですもんねぇ。早ぁ~


うちの旦那は何故かクリスマスツリー嫌い・・・ 一応カトリックの洗礼受けてるんですけどね。
「あ~ そろそろクリスマスツリー出さなきゃ」 と言うと 
「12月24日でいいよ!」 って言われるんですけどそんだったら出さないほうがマシ。
出して1週間後に片付けなんて面倒すぎる。
もうちょっと楽しみたいもんです。
12月1日頃出しますけどね、なんと言われようとも。


冬の話をしておきながら・・・
夏のバカンスでオーストリアに行った時に買った物での一品です。 ちょっと存在忘れてました
挽き割り小麦なる、トルコ料理でいうところのブルグルとキノアとのミックス。
イタリアでは見たこと無いのでお土産に買ってみたものの、
説明ドイツ語だけで全然わけわからず、10MINという言葉だけ頼りに10分茹でました。


せっかくブルグル入ってるので味付けはちょっとトルコ風に。
クミンなどのスパイスを入れて炒めた野菜と茹で上がったキノア・ブルグルミックスを合わせ
乾燥ミントも加えました。

キノア独特のプチプチが楽しくて美味しいです。
[PR]
by mifita | 2012-11-25 01:07 | ごはん:和洋その他

2012年 11月 24日
pizza!
b0273558_152454.jpg


スーパーに買い物に行きました。
レジのおばさん(おばあさんに近い)

おばさん 「あなた何人なの?」 

 私    「日本人です」 

おばさんそれからいくつか質問してきてちょっといろいろ聞きすぎたと思ったのか
取って付けたように最後に・・・

     「私の孫のクラスにベトナム人がいるもんだから・・」

           関係なくね? ^^;

あんまり外国人見かけないスーパーなんで多分私が行く度気になってたんだと思います(笑)



さて、昨日の夜 家ピザをしました。
生地だけ作っておいて食べながらピザ焼いて計3枚でお腹いっぱい!

1枚目 モッツァレラ、トマトソース、ナスのグリルとロビオラ(クリームチーズみたいな)、ツナ
2枚目 モッツァレラ、トマトソース、玉ねぎ、ケッパー、オリーブ、ツナ、ミニトマト
3枚目 モッツァレラ、トマトソース、
     cime di rapa(カブの葉みたいな野菜、ナポリのフリアリエッリという野菜の変わりに)と
     サルシッチャ(イタリアンソーセージ)を炒めたもの


余った生地でマルゲリータを作って半焼きにしておきました。

それを今日のランチに食べたのがトップ写真のピザです。

少し後ろに写っているのが 自家製olio piccante 唐辛子オイルです。
ただ瓶に唐辛子をいっぱい入れて数ヶ月放置。
かなり辛味が出ておいしいです!


●○ ピザ生地 4枚分 ●○

強力粉(farina0 per pizza) 230g
マニトバ粉 70g              ← なければ全て強力粉300gで。
塩 6g
イースト 1.5g
オリーブオイルevo スプーン1杯
水  約180cc 粉によって適量に


オーブンに石板と石を入れて庫内温度を上げて温度マックスで焼いています。
約10分位で出来あがり♪
[PR]
by mifita | 2012-11-24 01:08 | ごはん:イタリアン

2012年 11月 23日
アマトリチャーナ
b0273558_1332836.jpg


まず、アマトリチャーナとは?

LAZIO(ローマも含む州)にあるAMATRICEという町の羊飼いが食べていた料理。
羊飼い達が山へリュックサックに入れて持っていける食材で作った為
基本材料は グアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬け)、ペコリーノチーズ、スパゲッティ
当時はトマト無し、オリーブオイル無し、その代わりラードが使われていた。

その後羊飼いの仕事が減りローマに出稼ぎに出た
アマトリーチェの人=アマトリチャーナ達がレストラン経営をして
”アマトリチャーナ”というパスタの名を広めた。

今ではぺペロンチーノを入れたり、スパゲッティではなくブカティーニを使う所も多い。



そしてうちのアマトリチャーナ

私達は北イタリアということもあり

グアンチャーレ → パンチェッタ
ペコリーノ → パルミジャーノ
スパゲッティ de cecco使用
トマト(缶)
ローリエの葉 ← コレうち風
胡椒

これで作りました。

まずパンチェッタを角に切って炒める(オリーブオイル使用)
注)アメリカのカリカリベーコンみたいになるまで炒めない。火が通ればいい
そこへトマト、ローリエの葉を入れてひたすら煮込む(お好みで唐辛子も)
茹でたスパゲティと合わせてチーズかけたら出来上がり。
シンプルだけどおいしいです。
*トマトの酸味が強かったら少しの(小匙半弱)砂糖を入れてください。


アマトリチャーナの説明(イタリア語)
写真もたくさんあるので良かったらポチッ


こちらのサイトではパスタは de cecco 12番のスパゲッティをお勧めしてますね。

このde cecco、日本のスーパーでも売ってるの見ますが
気になるのが何故”ディ チェコ”と言われているのか、本当は”デ チェッコ”だろうなと思うのですが。
商標登録の時に間違えてそのまま商品名になったのかな?
まぁどっちでもいいっちゃいいですけどね♪
[PR]
by mifita | 2012-11-23 00:20 | ごはん:イタリアン

2012年 11月 22日
キノコソースのタリアテッレ

b0273558_964451.jpg


ポルチーニも入ったたくさんのキノコでパスタ用ソースを作りました。
このソースにはタリアテッレがいいかなと。
いつもより小麦粉多め、セモリナ粉少なめにしてもちもち度増で。

生パスタは茹で終わってからのんびり写真撮ってると伸びてしまうので一発勝負 ご勘弁を・・




カンパーニュの事を書いた時に
”新しいカゴ発見したのでまた次の機会に”
と言いましたが。
b0273558_921159.jpg

焼きました。

イマイチわかりづらいですが
模様は良くなったと思っています。


実はこれ雌鳥形の卵入れの容器だったんです。
卵は冷蔵庫入れてしまうし場所とるし
使わぬままたんすの肥やし
ひょんな事で日の目を見ることができました。



うちのではありませんがもし見たい方参考まで
[PR]
by mifita | 2012-11-22 09:07 | ごはん:イタリアン

2012年 11月 20日
シナボンもどき
b0273558_093917.jpg


リンゴがたくさん冷蔵庫に放置状態だったので
1つは酵母として仕込み、残りは全部煮て
シナボン風パンにそれを一緒に巻き込んでリング状に焼いてみました。

初めてアメリカでシナボン食べた時はウマー!と思ったものですが
今でもたまに食べたくなります。
しかし初めて食べた時から15年位経った今は本家と同じようなフロスティングは自粛。
本体だけで十分カロリー高いと思うんで気休め程度の違いなんでしょうけども・・


b0273558_064437.jpg


実は今回の生地のレシピ、お試しバージョンです。
前からシナボンはこれっていうレシピがあったのですが
どうしてもそのレシピが見つからない!(涙)

暫定で今回のレシピ自分の為に書いておきます。
  ↑
ちょっと曖昧な部分あるので。。


 ●○ 材料 ●○

●パン生地
強力粉 300g
砂糖   45g
塩    1g程度
ドライイースト 3g
卵    1個
牛乳   適当に
バター  40g

●シナモンバター(巻込み用)
バター  50g
黒砂糖  100g
シナモン 12g

*パン生地の材料、バター以外を全て捏ねる(HB利用)ある程度まとまったらバターを投入
注)日によって何故か水分量が変わったので、とりあえず卵1個入れて混ぜ
後は丁度良い固さになるように牛乳追加。
この場合後で入れるバターの油分量も差し引いておくこと。

*一次発酵(約2倍)終了後長方形に薄く麺棒で伸ばす。
長い辺を手前にして、シナモンバターを全体に伸ばすが最後の綴じ目だけ1cm程残す
注)シナモン入り煮リンゴを入れる場合はここでシナモンバターの上に。

*手前からくるくる巻いたら等分に切る、今回10等分でリング型に入れて二次発酵約30分(季節による)

*190度予熱後約50分焼く
注)うちのオーブンは火の通りが電気オーブンより悪いので、電気オーブンの人は180度30~40分だと思います。

お好みでクリームチーズのフロスティングもかけると本家風。
シナモンが苦手な人はシナモン抜き又はヌテッラ(チョコレートスプレッド)とかでも代用可。



ミニボンも作りました(フロスティングあり) こちら
[PR]
by mifita | 2012-11-20 00:11 | パン

2012年 11月 17日
自家製パンチェッタ
b0273558_1305663.jpg


あまり混んでない時間を見計らってお肉屋さんに行きました。
豚バラの塊をおばさんにお願いしたら

「ちょっと待ってくれたらやるから」 って言い方が機嫌悪い?
「後でもう一度来ましょうか?」 って申し出たんですが
「コレ終わったらやるから!」  怖いぃ
「忙しいかなと思ったんで・・・・」 小声で言い訳・・

さらに大きさでも文句言われながらやっと購入できました^^;
普段は良い人なんだけど、機嫌悪い日に行ってしまったようです。
お客様は神様なんてありえません、この国。


そんなこんなあってゲットした豚バラの塊。
フォークでブスブス刺して穴開けて、
砂糖、塩、ハーブ(セージ、タイム、ローズマリーなど)すり込んで
上から重しして一週間、それからさらに1ヶ月程水分が飛んで熟成されるまで放置です。

いっぱい作って半分冷凍しまーす。
時間はかかるけど、買うより安心、安価。良い事づくしです。



それを使っての今日のランチ。
パンチェッタとズッキーニでトマトソース。

b0273558_1274669.jpg



パンチェッタとズッキーニを先に良く火を通したらトマト缶入れてひたすら煮るのみ。
酸味が強めだったので少~し生クリーム投入(無かったら小さじ半分の砂糖でもOK)
タイムもちょっと入れて香りつけました。
[PR]
by mifita | 2012-11-17 01:32 | ごはん:イタリアン

2012年 11月 15日
タワーロールケーキ
b0273558_2383367.jpg


気になっていたタワーロールケーキ
お祝い事があったのでこの機会に作ってみました。

こんな機会でもないと数が多くないと見栄え良くないので食べきれないです。
良く言えばパーティ向きなケーキ。

プレーン、カカオ、シマシマと3タイプ、いずれもマロン入りのクリームで巻きました。
一本目の生地を焼いてる間、何故かオーブンの火が消えてしばらく気付かず・・
というハプニングがあったのですが何とか失敗せずに持ちこたえました。

それを36個に切ってタワーにしたのですが
運んでいる間にタワー崩壊・・・

なんとか立て直して食べてもらったのですが
イタリアにこのタイプが無いので好評でした。

また今度は生地自体に色付けたりフルーツ飾ったり
派手なデコレーションしてやってみたいと思います。
[PR]
by mifita | 2012-11-15 22:59 | ドルチェ