北イタリアから
by mifita
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 ★e-mail



イタリアワインや食材が
豊富です!
porcovinoさんのサイト
コチラ →






カテゴリ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。Copyright © 2013 mifita All Rights Reserved.
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:外ごはん( 3 )

2014年 04月 17日
スローフードのレストラン

ブログ、思いのほか放置してしまいました。。
コメントやメールくれてた人スイマセン。



b0273558_23485369.jpg
というわけで、既に2週間位前の話ですが
1990年頃から毎年ずーっと
スローフードの
カタツムリマークをもらってるという
レストランにランチに行ってきました。


うちからはかなり遠い所で行くのも初めて。
どんな場所かもわからず着いてみたら
端から端まで歩いて10分かからない程度の町(村?!)
その中心にポツンとあったのがこのレストラン。



日曜日のお昼だからか予約でいっぱい!
予約していなかった私達は1つテーブル作ってもらって最後の席 (#゚Д゚)ノアブナカッタ




まず私が頼んだのは旬のアスパラの生パスタ
前日にもアスパラを昼、夜と食べてたのにまたココでも・・・時期物だとつい頼んでしまいます。
夫のは写真取らなかったけどウサギのラグーでした。
b0273558_23492035.jpg

白いアスパラだけかと思ったら緑のと両方入っていましたよ☆



セコンドに私はウサギ。
これがシンプルだけどマンマの味でとても美味しかったです。
じっくり長時間鍋で焼かれたお肉がほろぉ~でした。
b0273558_23495554.jpg




夫はロバのスペッツァティーノ(シチューみたいな感じ)
ロバって私はイタリアで初めて食べたお肉でした。
牛よりもあっさりしてて馬肉っぽい、こちらも美味しかった。
b0273558_23503837.jpg




田舎のレストランだったからアジア人の私は目立つだろうなぁと思ったんですが
お客さんもほとんどジロジロ見てこなかったし
店員さんもとっても対応良かったです。


スローフード認定のレストランって行ってみると意外とモダンだったり
創作料理もあったり、逆にココみたいに超クラッシックなのだったりして
いずれにしてもハズレがないのでお店選びに困った時はよくこのガイドブック参考にしています。











[PR]
by mifita | 2014-04-17 23:56 | 外ごはん

2014年 04月 09日
ドイツ語圏のイタリア

週末小旅行に行ってきました。
ドイツ語圏のイタリア・アルトアディジェ地方、
お料理もオーストリア、ドイツっぽく。


着いた当日の夜は居酒屋感覚でビール屋さんで軽く食べました。

夫は豚満載の一皿・・

b0273558_0331322.jpg


ドイツっぽいソーセージ、その右上が骨付き豚スネ肉、他2品も豚スモーク系
真ん中にあるのが私もたまたま先日作ってたカネーデルリ
とってもその土地典型的なプレートでした、特に美味しかったのが左上に見えてる白い物で西洋ワサビ!
これ酢が強過ぎずちゃんと辛味があって買って帰りたかったくらいでした。

私は野菜とカネーデルリだけだったんで写真なし。。

パンもドイツっぽい?土地ならではのパンでした。

b0273558_0334191.jpg


左がフィノッキオ(ウイキョウ)盛りだくさんの雑穀パン、
右がカイザーっぽいけど質感は普通のパンっぽかったです。



翌日朝は年に一度の土地物盛りだくさんの市場。
ハーブやチーズ、パン、卵、グラッパ、サラミ系・・・・などなど。

b0273558_0343084.jpg


私達が買ったのはヨーグルト、夫両親のお土産にジュースとハチミツ、サラミ系、
そして私の住んでる地域では見たことがない水菜の苗が売ってたので4つ買って今プランターに植えてます。
育ってくれるといいなぁ(´д`o)


すっごく迷って買わなかったのが・・ウールのブランケット。
コレに似た感じの物で何度も前を通るたびに迷って・・
あと2,30€安かったら即買いしてました。
未だに買ったほうが良かったのか良くわからないー。。


バターロールみたいな形のpretzelがあったので買い食いしてみました。
b0273558_035736.jpg



夜はレストランで旬の白アスパラガスずくしをたんまり食べました。
向かいの席のドイツ語で話しているカップルがちょこちょここちら見るので写真とれず。。


夫婦2人での旅行はこれが最後かなぁ。









[PR]
by mifita | 2014-04-09 00:38 | 外ごはん

2012年 11月 01日
アグリツーリズモ
b0273558_1959317.jpg


忘れてない限り私は生きている豚を今まで見たことが無かったのです。

うちから車で5分の所にあるアグリツーリズモの存在を知ったのが今月の初め。
その存在を知るきっかけとなった人がそこのオーナーに私の話をしたら
是非見に来いと半ば強制的に日時言われ行ってきました(笑)

初めての豚の感想はただただ思ってたよりデカイ!
ちょうど子豚が生まれたばかりで7匹の子豚ちゃんがいました。


それがこれ 子豚機敏!走る走る
b0273558_2003859.jpg


他にもたくさんの牛、ロバ、やぎ、鴨、あひる、ホロホロ鳥(これも初めて見た)、七面鳥・・・などなど
いるわいるわ。
b0273558_201479.jpg


アグリツーリズモとしては宿泊施設もあり、レストラン部分もあってそれも見せてもらいました。
家畜の肉、自家製のチーズ、サラミ販売の建物も別にあったり、広大な畑では野菜も全て自家製。


が・・・

残念なのがあんまり掃除や整理整頓が行き届いていない・・・
全ての建物自体は古くなく、むしろ新しいのに壊れた物はそのまま放置、くもの巣とかもそのまま・・・
最初はやる気満々で設備を整えたのが見えるだけに 
「本当に惜しい!」と何度も後で一緒に見学したみんなで言いました。
その分宿泊代はかなり安いみたいですけども・・・



そういう状況を見学する前から決まっていた夕食。
一度家に帰ってから出直したんですが、正直ちょっと不安^^;
今更断れないという事で気張って行ってきました。

それが一枚目の写真。
結果からいうとご飯は美味しかったです。

前菜: 畑のかぼちゃの花のフライ、敷地内に生えたキノコソテー、ポレンタの上に自家製サラミのグリル
このかぼちゃの花のフライとキノコは絶品!

プリモ: 手打ちパスタ ラグー(そこの家畜の肉のミートソース)
正直肉片はあまり見当たらない・・でもミートソースの味でおいしい、不思議な一品。
パスタもthe田舎の手打ちっていう素朴なセモリナ粉無しの小麦粉のみの味

セコンド: 牛のボイル肉(左)、牛のロースト(中央)、ホロホロ鳥焼き(右)
もちろんどれもそこの家畜肉、さすが味が濃い。

付け合せにサラダ、キノコのソテー、ポテトのソテー
自家製赤ワイン、その後はシンプルなケーキ、ブドウのグラッパ漬け

以上でした。


本当に食べ物はおいしかったんです。
まぁでもやっぱりここもレストラン部分の内装がなんというか・・・
壁はピンクちょいハゲてる、妙に明るい電球の光、くもの巣があったり
子供が書いた絵とか額に入った写真が全部傾いてたり色あせてたり・・・なんだか夢の中にいるようでした。
食事のサービスも写真では隠してますがお皿の周りにソースどばーっと付いたままとか
本当に1つ1つもうちょっとちゃんとしてれば良いだろうにと。


惜しい アグリツーリズモ体験でした。




[PR]
by mifita | 2012-11-01 20:10 | 外ごはん